PMTCってなに?

PMTC(ピーエムティーシー)=Professional Mechanical Tooth Cleaning の略。
多くは予防管理の意味まで含まれています。
虫歯菌の保有者は日本人の場合、13歳以上の90%と言われています。前項で説明のあった、プラークバイオフィルムを感染源と捉え、これ等を我々専門家(Professional )が定期的に機械を使用して(Mechanical )歯(Tooth)の表面から綺麗に剥がしとり(Cleaning)、フッ素等を効果的に使い、また、個人のリスクを考えて予防管理をして行くことが現在最も効果的な方法と考えられています。
自宅などでは個人のリスクを考えて行える、各種の予防法を励行していただき、ご自分では出来ないPMTCや予防管理、治療・処置は歯科医院で定期的にお受けください。
歯科医院の仕事は歯を削ったり詰めたりするだけではありません、かかりつけ歯科医院で相談してご自分に合った予防管理を行うことをお勧めします。
むし歯は複数の要因が複雑に絡まって起きる病気です。その要因は主に虫歯菌の量や能力、唾液の量や酸を緩衝する能力、食べ物の種類、食習慣・生活習慣、歯の形状他などです。(ムシ歯を科学するのホームページをご参照ください。)1つの方法で全てを解決する予防法はないのです。
したがって、個々の因子を除去する予防法を組み合わせて用いられています。歯科医院などで行なわれる個人レベルの予防管理の中で一番基本となるのがPMTCを主体にしたものになりつつあります。
虫歯菌の除菌やキシリトールを用いた予防法だけでは万全といえません。
1974年、スウェーデンのPer Axelsson先生によって提唱され始め、現在では予防ケアーの基本術式になっています。

PMTCはどの位すごいの?
先ずは右の表をご覧ください。
これはPMTCを日本で紹介している株式会社オーラルケアのパンフレットに掲載されているものです。
我々の歯は、親知らず(前から数えて8番目の歯)を除き28本あります。
この中で、前歯は12本。歯面数は4面。
奥歯は残りの16本で、歯面数は5面あります。
PMTCを受けている方たちの6年後の虫歯の発生した面数は →0.4面。
自宅での歯磨きなどだけ(赤の方達)で6年後の虫歯の発生は、14面となりました。
なんと35倍になっています!
さらに、これは歯周病の予防にも効果があります。

歯科医院SEO対策ならお任せください。被リンク構造の質がまるで違います。<完全返金保証付き!>

応用できる領域がとても大きい歯の専用レーザーは、種類も豊かで、これ以外に色々な医療現場で使用されています。これからはいよいよ可能性のある分野です。
歯の表面のエナメル質にこびりついた歯垢や歯石などを除去する処置をクリーニングと言いますが、その歯垢や歯石などは実はむし歯の因子となりうるものです。
キシリトールの成分にはムシ歯を阻止する有用性が確認されたとの研究結果が公開され、その後からは日本をはじめとする世界中の色んな国々で非常に積極的に研究がおこなわれてきました。
維持は、美容歯科に関する治療が完了し満足なフォルムであったとしても、忘れずにずっと続けていかなければ徐々に元に逆戻りします。
歯のレーザー照射はムシ歯菌をレーザーによって消し去り、それだけでなく歯表面の硬さを強くし、虫歯菌のついた歯になりにくい状況にする事ができると考えられます。


日頃の歯ブラシでの手入れを怠らずに行っていれば、この3DSの効き目でムシ歯の菌の減った状態が、大方4~6ヶ月位継続できるようです。
管理は、美容歯科に関する施術が遂行され想像した通りの術後になろうとも、手を抜かずに持続していかなければ治療前の状態に逆戻りしてしまいます。
プラークコントロールという用語からは、歯ブラシでのブラッシングを連想する状況がほとんどだと推量しますがそれ以外にも様々なプラークコントロールの出番があるとされています。
口の臭いを抑える作用のある飲物として有名なのがコーヒーですが、あまりにも飲み過ぎるとなぜか口内が乾き、皮肉なことに嫌な口臭の原因となるということがわかっています。
現時点でムシ歯を有している人、ないし一時ムシ歯の悩みがあった人、なんと日本人の9割近くがこうしたムシ歯菌を必ずや具えているとされています。


審美面からも仮歯は大事な役目を果たしています。目の間をまっすぐにつなぐ線と前歯の先の線が直線でなければ、顔の全部が歪んでいるイメージを受けます。
口中が乾燥するドライマウスはストレスのために起こってしまうのもよくあるため、更にこれから先の未来では忙しく働く年代の男性にも症状が出る可能性は少なからずあります。
セラミックの治療と呼ばれているものにも、様々な材料や種類が実用化されているので、歯科の先生とじっくり相談して、自分向きの治療の仕方を選択しましょう。
歯の噛み合わせの悪さは辛い顎関節症の素因を成しているものではあるらしいのですが、それとは別の素因が存在するという認識が広まるようになってきたのです。
歯を削って白く見せる研磨剤が入った練り歯みがきはどちらかと言えば必要とされていない用途ですが、歯がもう一度石灰化する事を促進するという事は便利な作用です。

口内の唾は、いかにもすっぱそうな物や、おいしそうに見えるものを見たりすると分泌されるのですが、虫歯や歯ぐきの歯周病などを阻むのに効果があるのが唾液です。
歯を綺麗にするのをメインの目的にしているため、歯と歯の咬み合わせの確認をそっちのけにした事例が、かなり多く聞こえるからなのです。
診療機材などのハード面では、今の高齢化社会から切望されている、歯科医師の訪問歯科診療のニーズを満たす事ができる水準に来ていると言っても問題ないと思います。
歯の表面にプラークが蓄積し、その部分に唾液に存在しているカルシウムやほかのミネラル分が固着して歯石が作られるのですが、その発端は歯垢なのです。
歯のレーザー照射は、ムシ歯菌をレーザーによって殺菌させ、それだけでなく歯表層の硬度を強め、イヤなむし歯になりにくくするのが難しいことではなくなります。

人間本来の歯の正しい噛み合わせは、ゆっくり咀嚼する事で歯がすり減って、十人十色の顎や顎の骨の作りに応じた、各々のピッタリとあった噛み合わせができあがります。
下部と比較して上部の親知らずは、麻酔の効能が効果的であるため、歯を抜くときにも強烈な痛みを伴うといったことが少なく、痛さを感じやすい方でも、手術は造作なく完遂できます。
分泌物である唾液は、口腔内の掃除係りと考えられるほどに重要な役割を担っていますが、その分泌量が減れば、口のなかのニオイが悪化してしまうのは、しようがない事だと言われています。
寝ている間は分泌する唾液の量がかなり少なくて足りないため、歯の再石灰化の機能が動かず、phバランスの悪い口中の中性の状況を継続することが不可能になります。
インプラントを実施するポイントは、入れ歯の悩みを完全に払拭してしまうことや、元々生えていた歯に近い状態に仕向けることや、残った歯を守ることなどが言えます。

自分の口が匂うかどうかを同居の家族にさえ問うことのできない人は、極めて多いはずです。そう言う人は、口臭対策外来で相談して専門の処置を実施してもらうのをお薦めします。
基礎的な歯を磨くことをきちんと実行していれば、この3DSの作用でムシ歯の原因菌の取り除かれた状態が、大体、4~6ヶ月位長持ちするようです。
針のいらない無針注射器のシリジェットと痛みの少ないレーザー治療器を両方採用して処置すると、口内炎からムシ歯まで、不快な痛みを99%感じなくて済む処置ができるとされています。
審美歯科で行われる診察は、「困っているのはいかなることか」「どんな笑顔を手に入れたいか」をできる限り話し合うために時間をとることを基本にして取りかかります。
デンタルクリーニングというのは、歯周病の菌の広がるのを封じ込める効果的なケアだと、科学的に明らかにされ、ただ感覚的に爽快なだけではないようです。